<価格はお問い合わせください>本場結城紬 着尺 「奥順の結城紬展」 タイトル作品 / 十字絣×総詰め 須藤信子 / 白よごし×黄唐茶 / 正規品画像

<価格はお問い合わせください>本場結城紬 着尺 「奥順の結城紬展」 タイトル作品 / 十字絣×総詰め 須藤信子 / 白よごし×黄唐茶 / 正規品

商品説明
※こちらは諸事情によりインターネット上に価格の掲載を控えております。販売価格については個別に返答しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。(0円の販売ではございません。)

------------------------------------------------------------

本場結城紬を制作する最大手の産地問屋であり、現代にその価値を問う、新時代の作品を手掛ける名門「奥順」。当店は奥順さんの正規作品を取り扱っております。

こちらは制作される作品のなかでも「看板」と言って過言ではない名作中の名作です。

2020年4月「奥順の結城紬展 / 南青山」のパンフレット表紙にも採用されています。作品の発表は2020年2月と聞いています。その後に当店に奥順さんよりご縁をいただきました。

結城は亀甲柄を得意とする産地ですが、こちらは十字絣の総詰め(ツメ)です。白よごしの地色に洋風に言えばキャメル色系の絣で、幾何学柄を織り出しています。意匠は過去の流用ではなく完全なこの一反のための新作です。

真綿つくりから、撚りをかけない糸とり、手括りでの絣、地機による織り上げまで含めて2年以上の期間がかかったと聞きました。

洗練された雰囲気と、女性らしい温かみのある愛らしさを併せ持つ、現在の奥順を象徴するような素晴らしい作品です。現在流通する結城紬の中でも間違いなく最高峰の一反です。

どこにもない、特別なお品との出会いをお求めの方に、自信を持ってお勧めいたします。

地入れについて:

紬の反物は、お仕立て前に、湯に通し糊を落とす”地入れ”のプロセスが必要になります。
適切な地入れや洗い張りにより、結城紬のふんわりとした風合いが味わえますが、
糊が残っていると、カビの原因になったり、硬くごわごわとした風合いで結城紬本来の着心地を楽しむことができません。
価値の高い本場結城紬には、結城紬をよく知る産地での地入れをお勧めいたします。

洗い張りを繰り返すほどに、その風合い、質感はさらに完成していきます。
合わせる帯で表情を変える、着る方の年齢を問わない一生もの。三代着て完成する、と言われるのも納得です。
大切な一生ものの純国産結城紬として、是非お勧めいたします。

| 商品の詳細

サイズ
着尺 反幅 38.5cm 
 
状態
正規品 新品 / 着尺(反物)


211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.