八重山ミンサー織 半幅帯 白と藍画像

八重山ミンサー織 半幅帯 白と藍

商品説明
八重山ミンサーの半幅帯です。

伝統工芸品である八重山ミンサーは、ミンサー織りの一種。ミンサーという言葉は「綿(ミン)で織られた幅の狭い(サー)帯」という由来があります。

柄は、五つと四つの絣柄で「いつ(五つ)の世(四つ)までも末長く・・・」という変わらぬ愛への想いが込められています。

お色は白よごしに藍の横段が入り爽やかなアクセントになること間違いないお色目です。

半幅帯は浴衣はもちろんのこと、街着にも合わせることが可能です。
帯結びを貝の口や角だしなどにして、帯締めをコーディネートすることもお楽しみいただけます。

ただのカジュアル着物に留まらない、ワンランク上の着こなしをお楽しみ下さい。


サイズ:
・幅15.5cm 長さ389.3cm

状態:
新品 正規品

付属品:
証紙付き

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.