橋爪玲子 色漆帯留め 黒に白椿 葉すじ入り画像

橋爪玲子 色漆帯留め 黒に白椿 葉すじ入り

商品説明
和歌山県の漆作家 橋爪玲子さんが手がけた帯留めです。
和歌山県海南市の黒江は、会津塗(福島県)、輪島塗・山中塗(石川県)と並ぶ漆器の三大産地として知られ、そのルーツは古く室町時代とも言われます。

漆は、ウルシの木の樹液を加工したもので、英語でjapanese lacquer、漆器はjapanと呼ばれる、日本を代表する工芸品です。ひとつひとつ丁寧に手間をかけ何度も塗り重ねられた漆は、その独特の温もりのある艶に表れます。

割れにくく、欠けにくい、そして軽い漆は、長くご愛用いただけます。

こちらの商品は、ネックレストップ兼用の帯留めです。

漆黒の地に蒔絵の技法で白椿を描いた作品です。
椿とその両脇に濃緑で葉が付けられていて実に愛らしいです。
柿渋を使ったつづらのような小箱に入っており、こちらも橋爪玲子さんのこだわりの一つです。

ご使用後は、柔らかい乾いた布で、軽く拭いてください。


| 商品の詳細

目安サイズ
長さ1.8㎝

付属品

備考:
三分紐 対応可能



211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.