横山俊一郎 「三才山紬 横段と浮織の着尺 千成堂別注」 白磁地に薄桜色と練色(薄いグレージュ)画像

横山俊一郎 「三才山紬 横段と浮織の着尺 千成堂別注」 白磁地に薄桜色と練色(薄いグレージュ)

商品説明
横山俊一郎さんの三才山紬 です。

工房に所属する奥様とお嬢様の感性と俊一郎さんの仕事が融合した「花織の帯」から、着尺を再構築した当店だけの特注作品となっています。地の空き方を程よく、地色はほんのり温度のある色へアレンジしています。

白よごしと飴色の極細の微塵縞。信州 松本 標高850mの山間にある氏の工房の裏にあり、氏が育て守っている山の周辺で採取した栗、そして玉葱、藍、渋木を使った”草木染”によるものです。媒染には灰汁を使い、穏やかに発色させます。

時間をゆっくりとかけたその発色は、透明感のある優しい発色です。

経糸には絹糸、緯糸は真綿を使い手織で織り上げる布は、結城紬はじめ経緯真綿糸の紬とはまた違った魅力があります。手にした瞬間のふんわりとした柔らかさに合わせて、品の良い光沢感が感じられます。

いわゆる「染織家の作品」であり「作家物の紬」です。ですが、作者である横山氏は、こう呼ばれることを良しとしません。

あくまでも実用品であり、使う人自身を引き立てる布である。優しく幸せな気持ちになっていただきたい。」民藝運動、用の美に影響を受け染織の道を歩んだ、父:横山英一氏から受け継ぐ哲学も魅力の一つです。

現在は奥様もお嬢様も工房にいらっしゃいます。女性らしい感性も合流して、また新しい世界観を感じさせます。

奥深い染織の魅力と、新しい時代の感性。
さりげなく、あなたに寄り添う、優しい着物。

是非末永くご愛用ください。

ご購入後のクリーニング・しみ抜き・洗い張りなど、ご購入後のアフターケアは全国対応。ご試着やコーディネートのご相談もお申し付けください。



| サイズ

着尺 反物 幅 38.8cm 

| 状態

新品・正規品

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.