勝山さと子 「おぼろ市松」 羽尺 3シーズンコート ちりよけ 道中着に / 黒鳶色(紫みの焦げ茶)<価格はお問い合わせ下さい>画像

勝山さと子 「おぼろ市松」 羽尺 3シーズンコート ちりよけ 道中着に / 黒鳶色(紫みの焦げ茶)<価格はお問い合わせ下さい>

商品説明
※こちらは諸事情によりインターネット上に価格の掲載を控えております。販売価格については個別に返答しておりますので、お問合せ下さい。

------------------------------------------------------------------------

染織作家 勝山さと子さんと織上がりの風合い、薄さ、艶感、お色までを妥協なく作りこみ制作した、千成堂着物店オリジナルの羽尺です。

色味は「黒鳶色」紫がかった焦げ茶は着物を選ばずに合わせやすく、実にエレガントです。

質感を保ったまま薄さを追求、しっとりとしたとろみのある雰囲気をまとったエレガントな逸品です。

織り出しの柄は「おぼろ市松」と命名いただきました。糸を交互に沈ませた市松の組織です。一つひとつの四角の形は丸みを帯びた正方形にしていただき、上質カジュアルな夏着物にも対応できるよう制作していただきました。

勝山織物所有の手で調整を施した織機を使い、手織りよりも遅い程の速度でじっくりと制作しています。製織を手掛けた職人さんいわく、通常よりも薄く、また複雑な織物ということで、一反が全て織り上がるまでに、目を離すことができなかったそうです。

季節的には春から秋口、桜のころからもみじまでが目安です。幅広いシーズンに活躍致します。
極薄く、軽く制作しておりますので、日差しのある季節にも爽やかにお召しいただけると思います。

羽織、道行、道中着にお仕立てが出来ますので、備考欄にご希望をご記載ください。
お仕立ての担当者から連絡をご希望される場合は、選択肢でお選びください。

勝山さと子さんは西陣織の名門 勝山織物をルーツとする染織作家で、勝山健史さんの妹です。勝山織物の持つ、美しい織物を織り上げるノウハウと、自身のもつ「女性ならではの視点」を融合させて、新しい作品づくりを精力的に行っています。

| 商品の詳細

サイズ
反幅38.5cm
長さ14m 

状態
正規品

備考
製法上・糸の節感が強い場所があります。着用時に目立たないようお仕立てで工夫は致しますが、あらかじめご了承ください。

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.