喜如嘉の芭蕉布 「藍コーザー×ヤシラミー」 着尺 <自然布>画像

喜如嘉の芭蕉布 「藍コーザー×ヤシラミー」 着尺 <自然布>

商品説明
日本の宝、そして人類の宝。
重要無形文化財  沖縄県 大宜味村 "喜如嘉の芭蕉布" です。平良敏子さん(芭蕉布織物工房)の作品です。現存する織物のなかでも最も秀でたもの、とも称される究極の逸品です。

現在の状況ですが、着尺の時点でかなり限られており、入手困難となっています。

また、先染めの「藍」の糸を織り上げたコーザー、また、男性の着物としてもお仕立てが可能な一尺三寸・やや広めの反物ともなれば、入手は奇跡に近くなってきます。上がりたての新作として確保に成功いたしました。

琉球古語で「やすりの目」を表すヤシラミ織という組織になっています。これは、記念作品などにも見られる、美しい無地場を織り出す技法のひとつです。

あえて絣を置かずの無地感。芭蕉の糸のもつ風合いや良さを最大限に表現した作品であり、まさに名作と言って過言は無いでしょう。透け感は控えめで、比較的しっかりとした糸を選び、男性も着映えするような実直な雰囲気を感じさせます。

女性が着こなすなら、少し華やかな帯や透明感のある帯を合せるときっとお洒落に着こなしていただけると思います。

肌に触れず、涼を纏う。盛夏ものとして、7-8月に贅沢にお召しいただく きものです。沖縄の風土が育む、まさに至高の夏着物です。

ですが、あまりにも貴重品であり、季節を問わず出会ったタイミングでのお求めを強くお勧めいたします。

芭蕉布の魅力は様々な視点から語られていますが、人はどこに素晴らしさを見出すのでしょうか。

例えば染め。琉球藍、車輪梅、相思樹、福木、マンゴー、茜、沖縄の天然素材で染めた芭蕉の糸は、まさに力強い大地の輝きです。

糸の一本一本に異なる表情があります。ですが、全てが完璧な調和を見せています。

そして織り。なんと二万か所以上、長さを補うために繊維と繊維を結ぶ箇所があります(手結い)。その細密な仕事に驚かされます。最も繊細な糸を使う着尺は、滑らかさと弾力を併せ持つ驚異の触感です。

民芸運動の父、柳 宗悦先生は”最も美しい布である”と、著書に記しました。その歴史、芭蕉布工房の成り立ちにもストーリーがあり、強く惹きつけられます。

また、芭蕉の収穫から、織上がりまでには数年がかかり、一切大量生産ができないため、希少性が高い織物としても認知されています。

しかし、あえて一つの視点からでは評価ができない、不思議な魅力。
その奥深さを感じていただきたい逸品です。



| 商品の詳細

反物幅39cm (裄73cmくらいまで可)

 
状態
新品・産地正規品


211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.