喜如嘉の芭蕉布 芭蕉布織物工房(平良敏子)八寸名古屋帯 花織 生成と藍<自然布>画像

喜如嘉の芭蕉布 芭蕉布織物工房(平良敏子)八寸名古屋帯 花織 生成と藍<自然布>

商品説明
日本の宝、そして人類の宝。

重要無形文化財  沖縄県 大宜味村 "喜如嘉の芭蕉布" です。
現存する織物のなかでも最も秀でたもの、とも称される究極の逸品です。

こちらは帯の反物です。着尺は”基本的に盛夏もの”となりますが、帯は盛夏だけではなく単衣の季節を広く楽しめます。

”野性的な糸”とも称される、天然素材の糸を操った織技も必見です。
全体の深みのある工藝の味わいは勿論のことですが、特に惹きつけるのは絶妙な茶×藍のコントラストと横絣の濃淡からの陰影です。魅力あふれる芭蕉布の中に表現される花織は可憐で、細部までこだわった現代の工藝を感じる逸品です。

芭蕉布の魅力は様々な視点から語られていますが、人はどこに素晴らしさを見出すのでしょうか。

例えば染め。琉球藍、車輪梅、相思樹、福木、マンゴー、茜、沖縄の天然素材で染めた芭蕉の糸は、まさに力強い大地の輝きです。

糸の一本一本に異なる表情もお楽しみください。そして、その表情豊かな糸の全てが完璧な調和を見せています。

また、時間が経つとタンニンが空気と反応して、色合いを深めます。一生楽しめる工芸織物です。

糸作りは、長さを補うために繊維と繊維を結ぶ箇所があります(手結い)。その細密な仕事に驚かされます。
着尺に比べれば糸は太いものになります。ですが、その手技は一日二日では習得できるものではありません。
熟練したその技もじっくりとお手に取ってご覧ください。


民芸運動の父、柳 宗悦(やなぎむねよし)は意訳ですが”芭蕉布は美しくなって当然である”と、記しました。
その歴史、芭蕉布工房の成り立ちにもストーリーがあり、強く惹きつけられます。
また、芭蕉の収穫から、織上がりまでには数年がかかり、一切大量生産ができないため、希少性が高い織物としても認知されています。

しかし、あえて一つの視点からでは評価ができない、不思議な魅力。
その奥深さを感じていただきたい一品です。

また、当店は喜如嘉の芭蕉布はじめ、各種自然布を正規取扱しております。
各産地はじめ、有力な紬の専門問屋ともネットワークして、ご購入後の洗い張り加工や、クリーニング、しみ抜きなど、全て完全にサポートさせていただきます。

デリケートなお色みのこちらも、安心して末永くご愛用くださいませ。
ご試着やコーディネートのご相談もお気軽にお申し付けくださいませ。


| 商品の詳細

サイズ
反物実寸 幅30.5cm 509cm
 
状態
新品 

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.