<リユース>小森久(小森草木染工房)「本草木染 紋袋帯・昼夜(両面)」本場筑前博多織 茶系画像

<リユース>小森久(小森草木染工房)「本草木染 紋袋帯・昼夜(両面)」本場筑前博多織 茶系

商品説明
小森久(小森草木染工房)氏は博多の地に生まれた染色家。編み出した本草木染の技法は昭和50年には甘木市無形文化財に指定、氏は染料の材料でもある薬草の研究でも高い評価を受けています。

鈍く輝く独特な発色は様々な薬草の草木染によるもの、驚くほど他色の糸を重ね合わせ奥行きのある帯へと織り上げます。技法は本場筑前博多織であり、氏のルーツから来るもの。活動を停止している今はリユースの市場でしか見ることはできずヴィンテージとして評価を受けています。

作風は様々であり名古屋帯は比較的見ることができます、しかし、この袋帯(しかも全通・両面・・)のように「これでもか」と力の入った仕事に出会うことは稀。使用感の無いこちらの帯については発見に驚きさえしました。

表はゆらぎを生かした大らかな横段、裏は異なったゆらぎのリズムを刻む縞。配色は落ち着いており、着る人の発想や考え方でどのようにでも表情を見せます。

仕立て上がりですが、締めあとも感じられず状態は美品。質感の強い紬着物や御召に合わせるのはいかがでしょうか、この完成度を味わっていただきたいと思います。

中々狙って出てくる作品ではありません。1点ものにつき、お見逃しなくコレクションにお加えください。

リユースの品の仕入れルートからお値打ちな価格で入荷しております。丁寧に検品を行い、また、適切に仕上げをしてからお届けします。(万が一、お気に召さない場合は返品も承っております。安心保障:返品特約をご注文前にご確認下さい。)

| 商品の詳細

サイズ
幅31cm  長さ446cm

状態
博多織証紙・あり・目立つ着用感はなく状態は美品。保管臭?があるため風に当て、またオゾンによるケアをしております。証紙に貼られたシールに絣市松の記載がございますが、絣の技法ではなく管理上のものと思われます。



211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.