橋爪玲子 水牛角に蒔絵の帯留 「瑞雲」 千成堂別注画像

橋爪玲子 水牛角に蒔絵の帯留 「瑞雲」 千成堂別注

商品説明
和歌山県 漆工芸作家 橋爪玲子さんの帯留です。

当店の提案を含んで制作をいただいたオリジナル作品となります。当店限定での展開です。

和歌山県海南市の黒江は、会津塗(福島県)、輪島塗・山中塗(石川県)と並ぶ漆器の三大産地として知られ、そのルーツは古く室町時代とも言われます。

漆は、ウルシの木の樹液を加工したもので、英語でjapanese lacquer、漆器はjapanと呼ばれる、日本を代表する工芸品です。ひとつひとつ丁寧に手間をかけ何度も塗り重ねられた漆は、その独特の温もりのある艶に表れます。

割れにくく、欠けにくい、そして軽い漆は、長くご愛用いただけます。

一つとして同じものの無い、天然の水牛角は深みのある艶と模様が美しい、高級感のある素材です。滑らかに磨かれた表面に、存在感を発揮するのは丁寧な蒔絵の手仕事です。銀の粒子の上に、金色の透明感のある層を重ねて、深みのある金色の雲を浮かせています。

下地の艶やかな素材を生かすための「余白」も美しい。蒔絵の表情はもちろん、生地との一体感を感じさせる、力の入った作品に仕上がっています。

落ち着いた色味は大人の女性の知性を感じさせます。伝統的な技法と現代的な感性が融合した、お洒落な作品です。

柿渋を使ったつづらのような小箱に入っておりますが、こちらも橋爪玲子さんのこだわりの一つです。

京都天王柿を使用した天然素材の柿渋を和紙に一つひとつ塗り、丁寧に手で組み立てた箱です。
時間とともに味わいを深めていく箱であり、帯留めを大切に守ります。箱の表情も含めて、何とも上質感を醸し出しています。

お手入れと取扱いについて:
水牛の角は熱と乾燥に弱いため、温度変化の激しいところ(直射日光のあたる場所、エアコンの近くなど)を避け、ビニールパックに入れて保管して下さい。乾燥する場合はベビーオイルでお手入れ下さい。

| 商品の詳細

サイズ
直径2.8cm
 
状態
新品

付属品




211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.