<お仕立て代込>洛風林 「連珠花文」 飛天錦 袋帯 白よごし画像

<お仕立て代込>洛風林 「連珠花文」 飛天錦 袋帯 白よごし

商品説明
洛風林の手掛ける飛天錦の袋帯「連珠花文」。正倉院の宝物に見られる小さな珠を並べた円環が大きな珠を囲む文様からの着想です。

飛天錦は箔糸を巻き付けた経糸を張り、一晩水につけて通りを良くした緯糸(濡れ緯)で織り上げます。豊かな表情と軽さを表現できますが、織ること自体が大変に難しい織り人泣かせの仕事。現在は飛天錦を織れる職人もおらず、新たな供給の一切ない希少品です。

華文の部分には落ち着いた輝きの金糸を使っています。真綿紬や御召はもちろん小紋から付下げ、シンプルな訪問着までを幅広く着こなせる上質な帯です。

お仕立ての詳細とパールトーンのご希望は備考欄にご記載下さい。

店頭で実際にご覧になれます。(要事前予約)コーディネートやお仕立て、アフターケアについての相談はメールやLINEでも承ります。ご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。

洛風林は京都・御所北で帯を中心とした各種織物を手掛けています。「真実に美しいものは常に新しい」を信条に制作される帯は通や愛好家に絶大な評価を得ています。

初代 堀江武氏は海外旅行が珍しかった時代に世界中を巡り、各地の美術工芸品を蒐集。そこに見た美しさを帯に込めるため、同人と呼ばれる機屋さん達と表現の研究に没頭しました。あらゆる芸術に造詣が深く、棟方志功氏や白州正子氏、民芸運動で知られる河合寛次郎氏や富本憲吉氏など、名だたる文化人らと親交があったことも有名です。

現在は三代目 堀江麗子さんをはじめとした女性の感性が加わり、現代的で素敵な帯へ表現は深まりを見せています。



211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.