<お仕立て代込>齋藤織物 「太子間道 千成堂別注色」 袋帯 墨色画像

<お仕立て代込>齋藤織物 「太子間道 千成堂別注色」 袋帯 墨色

商品説明
齋藤織物(さいとうおりもの) に別注色をリクエストした袋帯「太子間道」。上質な紬や御召、小紋をはじめ、織物の絵羽等にも合う帯です。太子間道とは法隆寺に伝えられた飛鳥時代の織物の一種で代表的な名物裂の一つです。

色味はあるお客様との会話から発想された「墨色」光の加減で茶色も浮きあがり表情豊か。織上がりも抜群、非常に軽く体に沿い伸縮します。美しいだけではなく、締めやすい帯である点も見逃せません。

緯糸にビス糸(生糸を引いた後に残る最後の内側・流通にほとんど乗らず大変に希少)や自然布に使われる糸を使っています。製織は空引き機による手織。櫛を使い打ち込むことにより、経糸にゆらぎを浮かび上がらせます。古裂のような趣と美しさは齋藤織物の創作の姿勢から現れるもの。世界的な古裂コレクターとしても有名な齋藤貞一郎さんの世界観が生きています。群を抜く完成度をご堪能下さい。

お仕立ての詳細とパールトーンのご希望は備考欄にご記載下さい。

店頭で実際にご覧になれます。(要事前予約)コーディネートやお仕立て、アフターケアについての相談はメールやLINEでも承ります。ご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。

また、お手持ちの着物に合わせた作品のオーダーメイドも承ります。作品制作の可否・工房のスケジュール確認が必須ですので、ご希望の場合はご相談下さい。



211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.