■採寸について

単位

寸法は鯨尺を基本にしております。(cmで指定頂くことも可能ですが、その場合は変換時わずかに誤差が出ます)

基本の個所

  • 背から身丈
  • 裄丈(肩幅+袖幅 腕を45度に下げ首の下から肩先点、肩先点から手首まで二回に分けて測ります)
  • 袖丈
  • 前幅
  • 後幅
を基本的にお伺いしております。

追加の箇所

  • 繰越
  • 褄下(襟下)
  • 袖丸み
体型や着方のお好みを考慮してさらにこだわったお仕立ても可能です、備考欄にてお気軽にご相談下さい。

■採寸方法について

お手持ちの着物を測る

着やすい着物のサイズを測っていただくか、現物をお送りください。計測の上、そのサイズでお仕立ていたします。

サイズ表をお教えいただく

他店でお仕立てをされた際のサイズ表があれば、その寸法でお仕立てが可能です。

身長・裄・スリーサイズから割り出す

標準的な計算式から割り出すことも可能です。(裄丈の1/2の長さを基本に肩幅と袖幅を計算するため、長襦袢の縫い目と誤差が生じる場合があります)

ご来店いただき測る

店頭にてボディーサイズ実寸を立体的に計測して、その寸法をもとに割り出します。身長・裄丈・首周り・肩幅・バストトップとアンダー・腹囲・ウエスト・もも周りを計測いたします。

■お仕立てについて

国内、海外ともにミシンを使用しない総手縫い仕立てです。

国内手縫い

熟練した和裁士、一級和裁士を中心に依頼致します。飛び柄の合わせ方など寸法によりますが詳細に承ることが可能です。また、裄が長く、抱幅が狭いなど体型に応じた調整も可能な場合があります。サイズ表より判断いたしますが、お仕立前に担当者よりご相談する場合もございます。

海外手縫い

ベトナムの大規模工場に悉皆を通じて依頼いたします。柄について横段をずらすなど簡易な柄合わせは可能ですが、飛び柄の位置など複雑なものは出来かねる場合があります。極まれに日本との湿度差の関係で表地と裏地の伸縮(ふくろ)が起こる可能性があります。その場合のお直しは保証外となり、お直しをご希望される場合は実費にて承ります。

特上の手縫い・叙勲者監修

和裁への長年の貢献により勲章を受章した一級和裁師の監修による高品質なお仕立てです。サイズ表やボディーサイズから立体的に着やすい形を割り出し、詳細に調整を致します。くけ縫いが響く・響かないといった点まで作りこみを行います。そのため担当者より詳細なお伺いをする場合がございます。

お仕立ての種類

袷仕立て

胴裏はコースにより、14匁の標準品・16匁の高級品を使い分け使用いたします。八掛は少しトーンを上げた同系色を八掛帳より選びます。白地など八掛帳より選ぶことが難しいお色の場合、現物を京都の八掛専門店に送り色合わせいたします。それでも難しい場合、納期をお見積りの上、別染めなどご提案する場合がございます。背中部分を開ける胴抜き仕立てなども可能です、ご希望される場合は備考欄にその旨をご記載ください。

単衣仕立て

背伏せ、居敷当てを基本的に取り付けたお仕立てとなります。居敷当ての大きさは広幅を基本といたします。

透ける夏着物のお仕立て

居敷当てを取り付けず、背伏せか袋縫いでのお仕立てとなります。普段使われる長襦袢のお色をいただければ、背伏せの色(白・グレー・黒)など合わせ、着用時に目立たない形を基本にお仕立ていたします。(特にご指示がない場合、白い襦袢で目立たない白、またはグレーの背伏せを取り付けます)

羽織もののお仕立て

着尺・羽尺より羽織・道中着・道行などお仕立てができます。単衣、袷での制作はもちろん、柄物の裏地をつける(既存のお品を取り寄せる・誂えでつくる)などご希望に応じたお仕立てを承ります。えりの形など写真などいただければ、その形で制作することも可能です。

長襦袢のお仕立て

ご指示がない場合、標準的に選ばれている「袖が袷(無双)」「身頃が単衣」「居敷当てをつける(寸法優先で共布か白い居敷当てを選びます)」「白い正絹の半衿をつける」形でお仕立てをいたします。衣紋抜きの取り付け、袖も単衣にする、袷に見える単衣にする(半無双)など、ご希望がある場合は備考欄にてお申し付けください。

九寸名古屋帯のお仕立て

「九寸名古屋仕立て」「370cm近辺」「おまかせの芯」でお仕立ていたします。開き仕立て、前幅を広く、長さの指定、延長のため次ぐ、芯の硬度を変えるなども可能ですが、柄の出方により承りかねる場合があります、こだわりの形がある場合、事前にお問い合わせください。

夏の九寸帯のお仕立て

夏帯の場合、指定がない場合夏芯にてお仕立ていたします。夏帯にカラー芯の硬いものを入れて単衣帯にする、などこだわりの指定も可能です。備考欄に詳しくご記載ください。

八寸名古屋帯のお仕立て

帯地の種類に応じて手縫い・ミシン仕立ていずれか最適なものを選び「松葉仕立て」にお仕立ていたします。開き仕立ても可能です、ご希望される場合は備考欄にご記載ください。

袋帯のお仕立て

帯地の種類に応じて、芯の硬さなど最適に調整してお仕立ていたします。締め心地の硬さにお好みがある場合は備考欄にてお申し付けください。

草履のお仕立て

高さ(一枚の厚さ、重ねの枚数の指定)、幅(細め、中幅、広幅)、すげ感の調整が可能です。足の特徴(甲高など)がある場合は備考欄にご記載ください。また、足を横から撮影した写真など参考に頂戴できるとさらに確実です。

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
Copyright ©千成堂着物店 公式オンラインショップ All Rights Reserved.