<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像
<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色画像

<お仕立て代込>柳川千秋 「円環」 千成堂別注 草木染の経緯絣 紬着尺 墨紺色

オンラインでも、こだわりのお仕立て
お仕立ての詳細とサイズは、ご注文完了後に担当者からメールでお伺いいたします。(カート内の"ご要望欄"へ記載も可能です)→ お仕立てについて

店頭で試着・相談する
神奈川県川崎市に実店舗(予約制)がございます。→ 実店舗について

商品について
柳川千秋さんの手がけた紬着尺「円環」。織りや染めの名古屋帯はもちろん、洒落袋帯も合う、上質感のある作品です。弊店の別注作品となります。

この作品は、草木染の絣糸をランダムに経緯に配置する「やたら絣」という技法を用いています。染料は矢車附子とログウッドです。経糸に草木染の糸ならではの色のゆらぎが一本一本にあり、無地場に控えめな縞のように浮かび上がります。紬の生地感と一体になり豊かな表情を見せています。

ふわりとした紬ならではの着心地はありますが、きちんと糸の打ち込まれたハリも両立しており、安定感のあるしっとりとした着心地に出来上がるのではないでしょうか。

円環は事象がつながっていくこと・循環することを表す言葉。絣糸の織りなす無作為のリズムを表現しています。さらに、柳川さんに伺ったのは「祖父母の家にあった旧い地球儀と双眼鏡」にも世界観のヒントがあったということ。平面的な広がりではなく、包み込むような立体感が感じられるのは、ここから受けたニュアンスかもしれません。

幅も通常の着尺に比べ若干広めに制作を依頼。裄のある方でも安心です。(反物幅 一尺三分/39cm・裄72cm程度まで可)

単衣にも袷にも、羽織やコートにもお仕立てが可能です。仕立て上がりサイズ・お仕立てやパールトーンのご希望(追加料金なし)と含めて備考欄にご記載下さい。

店頭で実際にご覧になれます。(要事前予約)コーディネートやお仕立て、アフターケアについての相談はメールやLINEでも承ります。ご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。



<作家について>



柳川千秋

1988年 神奈川県生まれ
染織作家。足柄上郡の実家近辺の植物などから採集した染料で糸を染め、手織りで作品を制作する。丁寧に発色させた糸で織られる作品には独特の透明感と無駄のない美しさがあり、着るその人を引き立たせる。写真も手掛ける。


展示

2023  第58回 神奈川県美術展 工芸部門 入選
2021  染織展 「遠景」/ 林和美写真画廊(東京・表参道)
2014  写真展 「いつかのこと」/ tokinon50/1.4(東京・中野)

その他グループ展など



千成堂着物店はコーディネートと制作の着物店です。

私たちの目で選び抜いた作家と職人が手掛ける品々を揃え、時には一から制作してご案内しています。

着物を選ぶことは不思議です。新しい自分に気が付き、心動く瞬間が必ずあります。私たちはその出会いをつくるため、日々、旬のコーディネートを考え、提案しています。

アフターケアもお任せください。

上質な着物は値が張ります。ですがあくまでも着るものです。大切な着物や帯を大事に末永く着用するためのお手入れサービスをご用意しております。お直しやサイズ調整、高品質なしみ抜きなども承っています。

お気軽にご予約ください。

お一人おひとりご相談は異なります。丁寧にお話をうかがうため実店舗は完全予約制にて営業しております。もちろんオンラインでもご相談ください。これから始めたい方も大歓迎です。

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
©千成堂着物店 All Rights Reserved.