<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像
<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒画像

<お仕立て代込>奥順 石下結城紬(縮・結城縮)縞 白よごしに黒

オンラインでも、こだわりのお仕立て
お仕立ての詳細とサイズは、ご注文完了後に担当者からメールでお伺いいたします。(カート内の"ご要望欄"へ記載も可能です)→ お仕立てについて

店頭で試着・相談する
神奈川県川崎市に実店舗(予約制)がございます。→ 実店舗について

商品について
本場結城紬を制作する最大手の産地問屋であり、至高の逸品から時代性のある新作までも手掛ける名門「奥順」の手掛けた石下結城紬(いしげゆうきつむぎ)の着尺です。東京 代官山で行われた奥順による個展も印象的でしたが、現代的な紬として再評価の声が集まる産地紬界の名品。

こちらは強い撚りをかけた糸を使った「縮(ちぢみ・透け感はありません)」、シボのある独特の風合いは単衣を主にお楽しみいただけます。(織りあがりの風合いを重視して、袷で制作される方もいらっしゃいます)また、制作数は通常の紬に比べると少なく、希少性もあります。

いわゆる本場結城紬とは糸の作り方が違い、機械動力を併用した制作を行う紬です。本場結城紬特有の「全て手で真綿からずり出す無撚糸」ではないため、比べると少し締まった雰囲気が織地にはあります。本場と石下では価格帯も大幅に異なり、かなり手に取りやすいものにアレンジされています。

そのため、「最高級品・究極の工芸紬」としての本場結城紬とは評価する軸が異なり、当方としては「リアルクローズとしての愛用品」という面を強調したいところです。

白地に黒の細かい縞は無地感覚。明るい色もシックな色も、白系も黒系も、染めの帯も織りの帯も・・様々な色味の帯と良く調和します。地風の強い本場結城紬はどうしても帯を選びます(それが魅力でもあります)。それに比べると合う雰囲気の帯の種類はさらに広く、自分らしい着こなしを探すのにもぴったりです。

紬や単衣の縮をこれから始める方はもちろん、シュッと着こなしたい「良い紬」をお探しの方にもお勧めしたい納得の一品です。


地入れについて:

紬の反物は、お仕立て前に、湯に通し糊を落とす”地入れ”のプロセスが必要になります。
適切な地入れや洗い張りにより、結城紬のふんわりとした風合いが味わえますが、
糊が残っていると、カビの原因になったり、硬くごわごわとした風合いで結城紬本来の着心地を楽しむことができません。結城紬をよく知る産地での地入れを無料でお付けいたします。

仕立て上がりサイズ・お仕立てやパールトーンのご希望は備考欄にご記載下さい。

店頭で実際にご覧になれます。(要事前予約)コーディネートやお仕立て、アフターケアについての相談はメールやLINEでも承ります。ご検討のお客様はお気軽にお問い合わせください。




千成堂着物店はコーディネートと制作の着物店です。

私たちの目で選び抜いた作家と職人が手掛ける品々を揃え、時には一から制作してご案内しています。

着物を選ぶことは不思議です。新しい自分に気が付き、心動く瞬間が必ずあります。私たちはその出会いをつくるため、日々、旬のコーディネートを考え、提案しています。

アフターケアもお任せください。

上質な着物は値が張ります。ですがあくまでも着るものです。大切な着物や帯を大事に末永く着用するためのお手入れサービスをご用意しております。お直しやサイズ調整、高品質なしみ抜きなども承っています。

お気軽にご予約ください。

お一人おひとりご相談は異なります。丁寧にお話をうかがうため実店舗は完全予約制にて営業しております。もちろんオンラインでもご相談ください。これから始めたい方も大歓迎です。

211-0041神奈川県川崎市中原区下小田中1-28-20Nビル3F
©千成堂着物店 All Rights Reserved.